5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出逢いの場にて/本栖湖キャンプ

森の新緑が目に眩しい。
寒い冬を耐えた草木が一斉に芽吹き、虫が地表に出て活動を始めて
動物達も盛んに餌を獲るようになる。
森全体に生命感を感じられるこの時期は、人間だって身体がうずく。
うまい空気を胸一杯吸って、大地で眠りたい。

05192012_0.jpg

野営するのにも一番良いこの時期を逃してはならんと、本栖湖キャンプ場で一夜を明かした。
設営場所は最奥の林の中。
ここはキャンプ仲間との初めての出逢いの場所であり、このキャンプ場の一等地でもある。
一等地と言うのは僕の考えなのであるが、この日も多くのキャンパーがいたにも関わらず
この場所までは何故か来ないのである。

サイト周辺はほぼ松のみで構成されており、その適度な間隔がもたらす木漏れ日が素晴らしい場所である。
05192012_1.jpg

先着していたR君家との距離、位置関係を計り、レイアウトを考える。
野営の一番最初の楽しい作業だ。
嬉しいことに、設営しようとする近くに焚き火場の石が組んである。
カミさんの体調不良により、今回は僕と長男のみだから、極めてシンプルである。
雨の予報もないため、タープも無し。
小さなテントにタープ無しの地べた座り。キャンプを再開して以来、思い描いてきた理想が実現した。
05192012_2.jpg

ソロ用にと手に入れたムーンライトテントⅡ型。
昨年の男キャンプ以来2度目の登場。
5歳の長男と寝るには必要十分。
05192012_3.jpg

昨年のこのキャンプ場での出逢いから、次へ次へと繋がって仲間が出来る。
皆さんのお人柄が素晴らしいのはもちろんのこと、このつながりを取り持つ自然にも感謝せねばならない。
3家族全員集合。
火を前にすれば会話も弾む。いや、むしろ火があれば会話が無くても心通う。
と思ってるのは僕だけだろうか。
05192012_4.jpg

前回同様、売店で薪を買う。
前回はしっかりとしたナラ材で、少ない量で焚き火を楽しめたことを思い出し、
今回もと、倉庫に行って見ると様子が違う。
木の知識に乏しい僕でも一見して分かり、訪ねるとやはり、杉だか松だかハッキリとは覚えてないけれど
そう言った類いの薪であった。
焚き火は最重要であるだけに、これは困ったなぁと、それでも他の物は無いかと訪ねてみる。
上の薪をどかして一番下にある塊を取り出してくれた。
今後の為にと木の名前を聞いたが、なだかかんだかと良く分からずじまいであったが
硬く締まった薪で気分があがる。

焚き付け用に薪を割る。
この割れづらさ。これは良かったと思う一方、少しでも割れてくれなくては困る。
手持ちの鉈で昨年に難儀したことの再現である。
R君の手斧と、入れ替わり立ち替わり、いい歳した男二人でたった一本割れずじまい。
辛うじて束に紛れ込んでいた杉材を割って焚き付けにした。

これは今後の課題である。
まず、薪割りの台となる切り株が周りにないこと。
そして硬い木を割ることの出来る斧を手に入れなければいけないだろうか。

普段、自分撮りをしないので、この環境に自分がどう居るのか見たことが無いが
R君が撮ってくれた一枚。
長男の濡れた靴下をひたすら焚き火で乾かすの画。
替えの靴と靴下を持ってこないダメな親父である。
05192012_5.jpg
正面から見たムーンライトテントの三角が美しいことに気付いた一枚でもある。

しばし焚き火に没頭する。
直火の素晴らしさ。
小さなマット一枚敷いて、地べたに座っての焚き火は、普段、焚き火台を使用するそれとは別物と
思えるほどの充実感である。
キャンプを再開して道具を集めるにあたり、焚き火台の存在に戸惑った事を思い出す。
直火禁止のキャンプ場がかなり多い事からも分かるとおり、やたらめったらあちこちで火を焚いては
ならないという事だ。
今では常識?!な事も知らない程、僕はキャンプから遠ざかっていたのだと思わせられた。
しかし、一旦直火を体験してしまうと、焚き火台の味気ないこと。

直火禁止のような規制からは新たな物が生まれていく。
そこから似た様な商品がいくつも並ぶのだが、稀にキラリと光る、道具好きには手を出さずにいられない
ようなものに出くわすことがある。
所有する道具はなるべくシンプルな構造で自分でも修復が出来、かつ少ない方が良いと思っているのだが、
一方、必要か否かは別として様々な用途やデザインの道具を見るのも楽しみである。
そういった時には人に買わせて楽しむんだ、なんてことを笑いながら話したが、自分の欲を満たす最良の
方法であると思う。

ほらこの画。
単に湯を沸かすにもガスストーブ、焚き火台での火、直火とどれが好みだろうか?
このような1つ1つの作業の仕方で、野外活動は更に充実したものに変わっていくと実感した。
もちろんスタイルは人それぞれ。自分が満足すればいいのである。
05192012_6.jpg

夕食には皆で集まって楽しいひととき。
皆には長男の面倒をみて頂き、ただただ感謝。

翌朝はお決まりの釣りへ。
各所でボイルするものの、ルアーへは無反応であった。
05192012_8.jpg

05192012_9.jpg

撤収の合間にハンモックで一休み。
太陽の光は黄緑色の若葉を一層鮮やかに映し出す。
05192012_7.jpg

今回も素晴らしい時を過ごすことができた。
皆さん、楽しい時間をありがとう。
05192012_10.jpg


----------------------------------------------------------------------------
夫婦共に?!道具好きなR君家の新しいテント。PRIMUS BIFROST 4H。
真ん中を隔ててサイドに2室。
キャノピーは前後ともに出せる。
グレーに赤い張り綱のコンビは素敵だ。
05192012_11.jpg

このように吊り下げ式となっている。
少人数では片側だけ取り外して、物置き場に。
全部外せばシェルターにもなるから、様々な用途に対応出来るあたりに
思わず我が家もと思ってしまうが、決してクリックしてはならぬと心に決めた。
05192012_12.jpg

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/22(火) 12:30:44|
  2. Camping
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

最高の眺めで飯を食う

4家族、11名+犬3匹の大所帯による秩父山奥でのキャンプ。

後発の我が家は先発隊がお湯に入りに行っている間にサイトに到着した。
テント前に座って遅めの昼食。
素晴らしい眺め。
04292012_31.jpg

このキャンプ場では、このポジションをキープする事が全てであると
辺りを一望して直ぐ理解した。
04292012_2.jpg

我が家の設営をして、30分程川へ下りて反応を探ったが
稚魚がスピナーを追ってくるのみだった。
04292012_7.jpg

崖下から見上げる。
こんなサイトの見方も良いもんだ。
04292012_4.jpg

各自、ボチボチと夕食の準備に取りかかる。
我が家では燻り続ける炭にやっとの事で火をつけ、カミさんにスペアリブの焼きを任せる。
僕は早速、ビールから日本酒にかえて、一升瓶持ちながら各家庭の調理を見て回る。
04292012_3.jpg

調理中のトライポッド越しにみる、夕闇迫る渓谷。
これだけで酒が飲めるのは言うまでもない。
04292012_5.jpg
あちらこちらから、いい匂いが漂ってくる。
気温は適温。1年で最適。

闇がおりて、宴の始まり。各自、料理を持ち寄る。
至福のひととき。
04292012_6.jpg
飯を食い、酒を呑み、話をして、時折、川の音を聞く。
素晴らしい1日の終わり。
僕は酷い渋滞と設営とで疲労しきり、早めにテントへ潜り込んだ。

明朝5時起床。
スッキリと目覚める。

ウェットウェーダーに履き替え、1時間ほどゆっくりと景色を堪能しながら
サイト下流からあがっていく。
確認出来るのは、昨日と同じで10センチほどがじゃれてくるのみ。
途中に滝を発見した。
04292012_8.jpg

川通しで歩いたが、減水の為か、これがデフォルトか、歩いた区間は
ポイントがわずかだった。

我らサイトの反対側から歩いてくると、キャンプ場のスタッフが
チェンソーとノミで丸太に細工をしている。
これから新たに建てるもののパーツ作りだろう。

高架橋を数台のバイクが通り過ぎる。
我らと同じ、連休を自然の中で満喫している仲間達。
04292012_9.jpg

建設中の大きなログ。
これの組み木だろうか?
04292012_10.jpg
キャンプ場の経営。
世にはこんな生き方もある。

僕は適度に枝葉の重なり合う下でのキャンプが好みだが
ここには一発でやられてしまった。

みんな、最高の時間をありがとう。



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/02(水) 17:18:09|
  2. Camping
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2011 クリスマス

今日、3度目の洗濯機を回す。
普段の子供達の保育園のシーツと3日分の家族の衣類を突っ込むと
ふっと焚き火の淡い残り香が漂い、楽しかった昨夜のクリスマスを思い返した。

3家族が集って奥多摩のキャビンで今年のクリスマスを迎えた。
ほとんど全ての計画をお任せしておいて、集合時間に遅刻をしていくという
なんともだらしない我が家を快く迎えて頂いた。

中央道から圏央道へそれて八王子西で下りる。
街の中心地と思われる場所を過ぎると、次第に山が狭まり谷川が見えてくる。
かなり深い谷に作られた道路を更に進んでいくと、渓流釣りに良さそうなポイントが
ちらほらと確認できる。シーズンには多くの釣り師で賑わうのだろうと
その光景を思い浮かべながら、今夜お世話になるキャビンに到着。

x_camp1.jpg

キャビン裏には屋根の掛かった火炊き場に、その直ぐ脇を小川が流れる最高の立地だった。
x_camp2.jpg

キャビン内に入ると既に、まったり出来そうな雰囲気あるレイアウトがなされていた。
今回のイベントの一つである、各ファミリーごとに現地の木、枝と持ち込んだ装飾を使っての
ツリー製作をしてレイアウト完成。
x_camp3.jpg

木の内装も手伝って、とても温もりあるいい雰囲気に出来あがった。

一先ずの乾杯の後、焚き火でバームクーヘン作りに挑戦。

棒に巻き付けたアルミホイルに生地を垂らして火にかけ、棒を回しながら少しずつ
厚くしていく。根気、根気の作業。
最後には丸まるとボールの様になった、甘い匂いのバームクーヘンが完成した。
(写真撮り忘れた、、、)

x_camp4.jpg

x_camp5.jpg

次はイベント第2弾、子供達メインのケーキ作り。
シュークリームでタワーを作り、好き勝手にデコレーションさせる。
チョコペンを力一杯握りしめて、握りすぎて、プルプル震えながら頑張ってたなぁ。
そして完成。

x_camp15.jpg

パーティー途中の画。
灯油ストーブ2機と電気ヒーター、ホットカーペット2枚の完全防寒。
ギターにアウトドア用品にウールラグに飾り付け、音楽、酒、料理と楽しい仲間。
子供達にとっても最高のひととき。

x_camp14.jpg

イベント第3弾のたこ焼きを挟んで第4弾のリサイクルプレゼント交換へ。
各自でもう使わなくなったけど、まだまだ使える、誰かに使って欲しいものを
持ち寄ってのビンゴ大会。
このリサイクルプレゼントを決めるのに頭を悩まし、メンバーの趣向性を
思い出しながらアイテムを集めたのだけれど、我が家のプレゼントは満足してもらえただろうか。
我が家がゲットしたのは、どれも大当たりであった。
このなかにトリガーフィンガーミトンと言うのがあって、指先が3又に分かれているもの。
mitten.jpg

取説を読むと、トリガーの名の通り、銃を扱う際に装着するグローブらしい。
こんなマニアックな物、好きだなぁ。
みんなから貰った物を全て装着したら上半身コーディネートが完成してしまった。
なんだかちょっと申し訳なくて、次回にこんな機会があったら頭をフル回転させよう。
みんな、ありがとう。

子供達が寝静まり、一人、二人と焚き火場に集まる。
酒で暖まった身体も、さすがにこの時期の外は寒く、焚き火で熱燗をする。
x_camp6.jpg

見て、嗅いで、感じて、焚き火を堪能した。


翌朝、シュラフの中で温々と心地よい眠りの中、静まり返ったキャビン内で
子供達の少し抑えた、でも、弾んだ声に目が覚めた。
薄らと目を開けて隣を見ると、長男がサンタさんのプレゼントを発見して
中身を見ようとしているところだった。
寝返りをうって反対側をみると、R君家の息子もプレゼントを抱えている。
そんな二人の表情を交互に見ながら、僕が子供だった頃のクリスマスの朝とプレゼントを思い出していた。

働かない頭と動かない身体で、急いで撤収作業をする。
綺麗に片付けられた、がらんどうのキャビン内は、昨日の温もりが嘘のように
ひっそりとして、永年住んだ部屋を引っ越す時のような、ちょっと寂しい気持ちになった。

その後、皆で近くのパワースポットに向かう。
更に山深く、水の流れが急勾配になる。
神戸岩と名付けられた場所。

R君、H君が先行した先は
x_camp7.jpg
小さな滝から始まる入り口。

その奥を進むと、ゴルジュと呼べるほどの外とは少し閉鎖感のある美しい空間だった。
これは予想していなかった。
x_camp8.jpg

増水時にはどこまで水が上がるだろうか。
現時点で細く、しかし強い流れだから、苔の直ぐ下あたりまでを鋭く水が削って
この景観が作られたものと思われる。

x_camp9.jpg

途中で振り返る。
美しい。

x_camp10.jpg

入り口の小滝の落差程度であれば、今よりも水が増せば渓魚の遡上はあるだろう。
こんな場所で糸を垂らしてみたいと思っていたら、ここは禁漁区であった。

x_camp11.jpg

この地を最後に今回のイベントは終了。

こんな素敵なクリスマスがあった事、子供達が大きくなっても思い出してほしい。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/27(火) 00:12:43|
  2. Camping
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

男キャンプ(長瀞オートキャンプ場)

前回の本栖湖キャンプで知り合った方から、今度野郎だけでキャンプしませんか?
とお誘いを頂いていた。
フィールドで知り合ったのだから、間違いなく充実した時間を共有できる。
家庭のスケジュールを調整し、参加希望を申し出た。

総勢6名の野郎どもが集い、秋色に染まったフィールドで一晩を明かす。

現地に到着すると既に今回のメンバー3名が先着してタープを張っていた。
週間天気どおりの雨ではあったが、大きなMSRのタープでリビングを設営し
少し離れてキッチンサイト、個々のテントはそれを囲むように配置する。
一通り準備を終えて、食材調達のため近くのスーパーへ。
今回、僕の担当はダッジオーブンであった。
店に来る直前までメニューを決めておらず、実際にダッジオーブンはカミさんしか
使用した事が無い。
入門のローストビーフしか思い浮かばず、電話で調理方法を聞き、1kgの肉を買った。

サイトへ戻り、一先ず4名で乾杯。
大きなタープの下は雨でも快適で、曇天の薄暗い空でも、タープのクリーム色は
リビング内を明るくした。
くつろぎながら、至福の時を過ごす。
僕は2杯目から持参した日本酒/高天に切り替える。

ここでR君が最近入手した、ホットマンというガスバーナーが登場。
1119burner.jpg
家庭用ガスカートリッジが使用出来て、高さも丁度いい具合だ。
これで昼食のパスタを茹で、さぁ出来たと皿に盛り付け、次、ハイ、次とした瞬間
皿は大きく傾き、大盛りのパスタはスローモーションで濡れた秋の大地へと落下した。
あまりにも出来すぎた、その瞬間と大地に広がったパスタ達。
男キャンプの始まりである。

グイグイと飲み続け、いい感じにほろ酔いになって来た頃
辺りが暗くなり始める。
後から到着する登山隊2名は登頂を断念し早めにコチラへ向かうとの事。

焚き火台に火をくべて、小規模にパチパチと楽しんでいると登山隊2名の到着。
これで6名全員揃い、自己紹介もそこそこに乾杯。
いよいよローストビーフに取りかかる。
基本的な味付けは塩だが、今回はクレイジーソルトがある。
これがあればきっと間違い無し。
肉両面にまぶして少し時間を置き、カットしたニンニクを両面にこすりつける。
さらに刻みニンニクを肉の上に置いて、ダッジオーブンへ。
肉の周りに粗切りしたジャガイモとタマネギで約25分。

その間、H君の実家から送られてきた鱒が料理されている。
1119_masu2.jpg

1119masu.jpg

更に酒はすすみ、その間ローストビーフと鱒と焼き肉の香ばしい匂いを嗅ぎ分ける。
そして完成。
雨はすっかりあがった。
ひんやりとした秋の夜の空気と闇に、暖かいランタンの光り、そして大勢の仲間達との夕食。
旨くない訳が無い。

リビングから少し離れた場所で薪を組み、次第に皆が集まる。

1119fire1.jpg

野郎ならではの宴が始まる。
こんなキャンプいつ以来だろう?
初めて会うメンバーと火を囲むのは初めてかもしれない。
炎を見つめながら、あちこちの会話に首を突っ込んでみたり
空を仰いだり、ワンフレーズ無茶振り?!じゃんけんしてみたり。
学生時代に戻ったような、いい気分に浸った。

1119fire2.jpg

昼間からワインボトルを握っていたA君が離脱し、一人また一人と
テントへ潜って行く。
僕もR君も火を見届けて、宴はおしまい。

フィールドでの出会いはいいもんだ。
不思議と普段の面倒くさいものごとが除かれて、フラットな気持ちで接することができる。

素敵な出会いをありがとう。


-------------------------------------------------------------------------------------

今回から導入のムーンライト2型。
家族用に7型を買って以来、すっかりムーンライトファン。
当然ながら2型も設営が簡単。
一目見た時に、この佇まいにやられてしまった。
1119monnlight2.jpg

広さは自分の用途としては丁度いい。
寝ると上下に空間はほとんどないが、頭側横には左右バックパックを置けるくらいのスペースがある。
ここにバックパック、そして近い将来はヘルメットを置く事になるだろう。
バイク整備を急がなくては、、、
1119moonlight_inside.jpg

僕らのカラフルなテントサイト。
まだ、誰も起きてこない。
1119tentsite.jpg

釣り人としてはどうしても直ぐ隣を流れる川が気になる。
コレぐらいの時間帯に岸に立つと、気持ちが高ぶりロッドを振りたくなる。
解禁まであと4ヶ月。
1119sky_river.jpg

岸から戻り、見上げる。
秋の高い空。
今日の始まり。
1119sky1.jpg

キャンプ場裏にあった旧いシトロエン。
思わずカメラを構える。
このシトロエンが似合う季節は、間違いなくこの時期。
出来過ぎの光景にしばし見入る。
1119car.jpg

絶妙な色合い。
自然は素晴らしい。
1119leaf.jpg


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/24(木) 18:10:02|
  2. Camping
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ソロテントは自由の翼となるか

自分で買う人生初のテントは家族用として
去年夏にムーンライトテント7型を購入していた。
この時のテント選びでムーンライトの1型、2型の佇まいに一目惚れした。

あれから約一年。
果たしてソロを買ったところで、近い将来どれだけの出番があるのかと
躊躇していたが、意を決してこの度、ムーンライト2型を手に入れた。

雑誌やネットを巡ると新素材の軽量テントがやたら目につき
そうそう買い替える物ではないから、現在の自分の用途以外のシチュエーションでも
快適に使える万能な物を選びたい、となってくる。
もし山登りを始めたら、より軽量な物がいいのではないか、比較的新しい外国メーカー
も試してみたい、、、などなどでテント選びは頓挫していた。

9月の帰省で仲間と茸採りに山へ入る途中、まだ明けきらない朝靄の中で
三角の鮮やかな緑色が目に入った。
田んぼのあぜ道から少し小高い、木の枝の覆い被さる林道とも呼べないような
土手上にポツンと佇んでいた。
隣には4ストのトレイルバイクが露に濡れていた。
その光景に思わず胸が高鳴った。
まさしく僕がソロテントを持ち出す目的そのものだった。

これが後押しとなったのは間違いなく、そして我が家に届いた。
恒例の(2度目だが)試し張り。
長男、次男がすかさずお気に入りのおもちゃを持ち込んで一番乗り。

moonlight_type_2.jpg

僕も中に入って寝てみる、起きてみる、本を読んでみる、飯を食ってみる。
そんな事をしているうちに、思わずこのまま持ち出して何処か行き当たりばったりの
場所で一晩泊まってみたくなってしまった。

初張りは今週末の、男キャンプにて。













テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/16(水) 18:10:37|
  2. Camping
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。