5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

炭が谷→マムシ谷→シェール道→穂高湖/神戸の谷の記録

今回は炭が谷、マムシ谷、シェール道を経て、目的地の穂高湖まで。

前回に探索したシャクナゲ谷とは約2.5キロほど離れた谷で、同じ阪神高速神戸線の下を通って谷へ入る。
シャクナゲ谷、地獄谷とはどんな違いが発見できるだろうか。

炭が谷の入り口は、住宅街の片隅のこんな目立たない場所から始まる。
11272012_1.jpg

この界隈の住宅街は、ここ数十年の間に開拓された土地らしく、各所に里山の名残りが見られる。
11272012_2.jpg

人工的に道を開いたと思われる、落ち葉フカフカの木のトンネルを抜けていく。
11272012_3.jpg

直ぐに舗装路と交差する。横断して高速高架をくぐって谷へと入る。
この舗装は高速道の建設の為に作られた道だろうか。
この為に森は一時、分断される。
11272012_4.jpg

水の流れを左下に見ながら進む。
歩き始めからどんよりとしていた鈍色の空からあられが落ちてきて、被ったフード内にパラパラと響いた。
左は堰堤へ続く道。右はコースの高巻く道。
11272012_5.jpg

11272012_6.jpg

杉林帯に入る。
あちこちで倒木が確認出来、鬱蒼としてくる。
11272012_7.jpg

炭が谷の名の通り、炭窯跡が今でも残る。
11272012_8.jpg

更に森内は暗くなる。
11272012_9.jpg

砂利の斜面が崩れ、倒木が目立ち始める。
こうして、一雨降るたびに少しずつ崩れて、土砂は谷を埋めてゆくのだろうか。
11272012_10.jpg

この景色を見て違和感を覚える。
このV字はそう遠くない昔、大雨が降った影響で両側の斜面の表層がずれて出来たのだろうか。
両側に生えて伸びる木々は斜面に対して直角気味で、どうも変に感じるのは僕だけだろうか?
11272012_11.jpg

笹の群生が現れきて、もうすぐ谷を抜けるようだ。
11272012_12.jpg

ここからマムシ谷へと向かうが、途中で西六甲ドライブウェイによって分断されている。
11272012_13.jpg

11272012_15.jpg"

舗装路を歩くとカワウソ池が現れる。
11272012_16.jpg

この案内板を見ると、前回の折り返し点であったダイヤモンドポイントへは、今回の目的地である
穂高湖から三国池を通っていけるようだ。
それにしても、こちらの山のハイキングコースは縦横無尽といった感じである。
11272012_17.jpg

マムシ谷の名は、やはり多いからそう言う事なんだろう。
暖かくなってからは通りたくない谷であるが、コースに立つ杭には森林浴コースと
書かれているとおり、良く整備された気持ちの良いコースである。
11272012_18.jpg

マムシ谷を下り切ると、シェール道と交わる。
谷であるので、水の流れも2つが合流する出合い。
11272012_19.jpg

ここからはしばし、溜まりのある緩やかな流れが続く。
11272012_20.jpg

いくつかのポイントで徒渉しながら先へと進む。
11272012_21.jpg

11272012_22.jpg

カエデの紅葉が美しい画になる徒渉ポイント。
11272012_23.jpg

しばらく、単調な林道を登っていく。
11272012_24.jpg

すると、気になるテーブルが現れる。
もしかして、テント場だろうか?
こんな場所に?
であれば、堂々とここでキャンプしても良いってことか。
11272012_25.jpg

次第にサーッという水の音が近づく。
正体はコレ。味気ない光景だが、コレを越えた裏は今回の目的地の穂高湖。
11272012_26.jpg

堰堤脇の階段を登ると穂高湖が見えてきた。
ぐるりと一周の周遊路らしき道が湖畔に確認出来、それにそって歩を進める。
11272012_27.jpg

上の写真のポイントからほぼ対岸は、桟橋のある浅瀬。
「穂高」の名に導かれてここまできたのだが、写真の湖奥にピョコンとなった山がシェール槍と呼ばれているらしい。
フィシュイーターの魚が住んでいれば、その時期にはここらでベイトを追いつめるポイントか。
薄曇りのもと、目を凝らして水中を観察したが、魚影は確認出来なかった。
11272012_28.jpg


テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/12(水) 12:39:20|
  2. Outdoor
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地獄谷→ダイヤモンドポイント→シャクナゲ谷/神戸の谷の記録

神戸の谷に第一歩を踏み入れた前回のコースは、石楠花谷→ダイヤモンドポイント→地獄谷西尾根。
今回は地獄谷→ダイヤモンドポイント→石楠花谷。往路も復路も谷を通り、今度は石楠花谷を下ってみる。
11212012_1.jpg

秋色に染まった絨毯の上を軽快に進む。
11212012_2.jpg

しばらくは、沢を眼下に眺める。
11212012_3.jpg

次第にコースは沢へと近づき、いくつもの徒渉をしてゆく。
11212012_4.jpg

釣り人としては、かなり楽しめるルートコースである。
11212012_5.jpg

右の落ち込みをチェックしてから、次にフライを打つポイントは。
なんて、いつの間にか故郷の渓流が重なってくる。
11212012_6.jpg

見通しの良い蛇行して落ちてくる水の向こうには、異様な黒い塊が。
ここからの距離でもその威圧感を感じ取れる程で、少し恐ろしさも感じてしまう存在が現れる。
11212012_7.jpg

ここの流れで最も大きい堰堤と思われる。
無機質で黒く光った冷たい壁から、絶え間なくザァーと流れ落ちる直ぐ下には、なかなかの淵が出来ている。
なるべく影を落とさないよう、少し小高い場所からしばらく様子を見る。
魚影らしきものは確認できなかったが、ここは気になるポイントである。
11212012_8.jpg

地図を取り出す。
一番大きな堰で目立つので、容易に現在地を特定出来た。
この脇の急階段を堰の端に沿って登って下りればその先へ進めるのだが、
階段を下りて見えたのは、水に消えていく階段の先だった。
11212012_9.jpg

まさか、と思い、水際まで下りて先を見やるも、水没で通れそうな箇所は無い。
楽しめそうな谷だと、意気揚々とここまで来て、まだ谷の3分の1程までだろうか。
重い足取りで階段を引き返す。
11212012_10.jpg

しかし、ここで引き返さずに先へ進む人がいるはずだと、戻り途中で踏み跡を発見。
ここから急登して尾根の一端らしき場所に出る。
11212012_11.jpg

ここは地獄谷東尾根の一部だろうか。
前回に下った西尾根から見えた尾根にいるのかも知れない。
11212012_12.jpg

水没の先へと下りる。
上流からはサラサラと細い流れが注ぎ込む。
一体どれくらいの期間、ここは水没したままなのだろうか。
11212012_13.jpg

上流へ向かって歩を進めると、地獄谷道の道標に少し安堵する。
11212012_14.jpg

ここからまた、徒渉を繰り返してゆく。
石楠花谷よりもこちらの谷は、正規ルートで渓流を楽しめるようだ。
11212012_15.jpg

渡る前に小さくても淵があれば、静かに近寄って様子を見るようにする。
11212012_16.jpg

上がるにつれ、様々な表情を見せてくれる。
滑床もあり。
11212012_17.jpg

ガレた岩の下を水が流れ下ってゆく。
11212012_18.jpg

11212012_19.jpg

滝も大小現れる。
11212012_20.jpg

11212012_21.jpg

これも滝と呼べるのかは分からないが、ジグザグに落ちる水の動きと、
段々とランダムに刻まれた岩肌の雰囲気が美しい。
まばらに散る落ち葉が良い。
11212012_22.jpg

既にコースは流れの脇ではなく、渓流の中を遡行してゆく。
流れの左、濡れて滑りやすくなった岩肌を見極め、慎重に足をかけていく。
11212012_23.jpg

大きな岩を乗り越えてゆくたびに、次はどんな水の流れが現れるのか、
ワクワクしながら想像して谷を堪能する。
11212012_24.jpg

もう既に気分は、右手にロッド持ち、熊鈴をチリンチリンと鳴らしながら
次に打つべきポイントを捜しているようだ。
11212012_25.jpg

上流を見遣る視界に空が入り始める。
谷も後半を過ぎた頃だろうか。
11212012_26.jpg

水中でキラリとした光を確認する。
脂鰭は無し。
11212012_27.jpg

大淵現る。
11212012_28.jpg

11212012_29.jpg

11212012_30.jpg

夢中で岩に足を掛けて遡行しているうちに、僕はすっかりこの谷を気に入る。
11212012_31.jpg

もう少し経てば葉も落ちて、浅瀬には薄氷が張ったりして、冬の谷の表情を見る事が出来るのだろう。
11212012_32.jpg

降雪があるか分からないが、年間をとおして通ってみたい谷である。
11212012_33.jpg

流れは緩やかになり笹の群生が見え始めると、いよいよ谷も終わり。
11212012_34.jpg

ダイヤモンドポイントで折り返し、石楠花谷へ下りる事にする。
11212012_35.jpg

復路、石楠花谷の小滝上の岩に腰を下ろす。
靴を脱いでアグラをかいて目を閉じてみる。
無とはほど遠い。
11212012_36.jpg

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/04(火) 10:59:28|
  2. Outdoor
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神戸の谷/石楠花谷→地獄谷西尾根

移り住んだ先には多くの谷があった。
まだ東京に居た頃、グーグルマップを眺めては、沢沿いを目で追いながら
数ある谷を想像して楽しんだ。

さて、本日はそれを実際にこの目で確かめる第一歩となる。
新入りの相棒と共に。
そして僕もまたルーキー。
11162012_1.jpg

今回のルートは兵庫登山会のコースマップより、
現在地から右方、石楠花谷(シャクナゲタニ)の中級コースを
経由して谷を遡行し、ダイヤモンドポイントで折り返す。
復路は石楠花谷は通らず直進し、地獄谷西尾根へ入って
710Mの水晶山を経て下山。
11162012_0.jpg
 
11:10 石楠花谷入り口であるテニスコートを脇に入った小川を徒渉してコースへ入る。
11162012_2.jpg

しっかりと踏み痕の残る道を辿り、頭上には阪神高速神戸線の高架。
11162012_3.jpg

ジムニーで走った故郷の山の様な光景。
爽やかな晩秋の青空がトレイルを明るく映し出す。
11162012_4.jpg

緩やかな道を、森の匂いを満喫しながら落ち葉を踏みしめてゆく。
これほどの広さならジムニーは通れるが、入り口を考えると無理だろう。
他に道がなければ車は通らないはずだ。
この先、いくつもの倒木が道をまたいでいたが、そのいずれも2本のタイヤが乗り越えた痕は無かった。
オフロードバイクやマウンテンバイクならここまで入って来れるが、この先がどうなっているかは分からない。
林道好きとしては好みのトラックである。
ただ、この界隈のコースはれっきとしたハイキングコースらしく、たとえマウンテンバイクであっても
ハイカーとバイカーの棲み分けは難しく、各所でトラブルった事例も多い事からここでも同様と思われるが
どうだろうか。
11162012_5.jpg

しばらく進むと、「釜滝」のサインを発見。
11:20 沢へ降りて釜滝まで。
11162012_6.jpg
今まで関西に縁の無かった僕の知識で、こちらの山と言えば六甲山だが、ここら一帯も六甲山系であるらしく
その大部分は花崗岩であるとのこと。
滝の直ぐ下流には砂防ダムがある。
踏みしめる大地は、肌色の細かく粉砕された砂が各所に確認出来る。

釜滝を後にし、トレイルへ戻ると大きな分岐。
これを右へと進む。
赤テープの印で間違う事は無い。
左は沢へと向かうのだろう。
11162012_7.jpg

落ち葉の堆積したフカフカの道を進む。
こんな道は体に優しく快適。
11162012_8.jpg

所々で徒渉を繰り返し、魚影は無いかと確認しながら先へと進む。
11162012_9.jpg

ここまで道に迷うことは無い。
親切にも、頻繁に赤テープや印が多くあるので常にそれを確認しさえすれば迷わないはずだ。
しかし、ここでコースから外れてしまった。
下の写真は分岐の一方を確認もせず進み、途中で気づいた時の一枚。
ちなみにこの写真に写ってる分岐はコースを外れてからの分岐である。
狭い急な谷には大きな岩がゴロゴロしている。
太ももの筋肉を働かせて岩を越えていき、次第に急登になる。
途中で気づいた。
ここがコースルートのはずが無い。
しかし、この狭い谷を抜けた先がどうなっているのか興味が先攻した。
行ってみれば、かなりの斜面で、這って登る体勢となる。
きっとこのまま行けば、尾根に出てショートカットになるのかもしれないが
初めての場所で単独という事もあり分岐までもどる。
11162012_10.jpg

12:36 正解はこちら。
分岐の遠くから小滝が見え、ここを越えるはずが無いと勝手に思い込んでいたのだった。
近くまで来て虎ロープが垂れ下がっているのを見て確信した。
ロープを頼らなくても、着実に足下を確認しながら登れば行ける範囲である。
それに、ロープの根元がどうなっているかもわからないので、慎重に足を掛けて登る。
11162012_11.jpg

上から見るとこのような落差であるが、滑って落ちれば間違いなく怪我する高さであるので注意が必要だ。
11162012_12.jpg

12:54 復路に予定している地獄谷西尾根とぶつかる。
ここから、非常に気になる、大層な名前の付いたダイヤモンドポイントへ向かう。
11162012_13.jpg

13:00 そのダイヤモンドポイント到着。
ダイヤモンドポイントと書かれた杭と、案内図以外に何もない。
ここからの眺望。
11162012_14.jpg

数分滞在した後、先ほどの石楠花谷と地獄谷西尾根のぶつかりまで戻り、そのまま西尾根を歩く。
尾根の途中、コース案内にあった水晶山を通過したはずで、それらしき場所で印を捜したが見つけられず。
11162012_15.jpg

尾根を足早に一気に下る。
11162012_16.jpg

向こうに見えるのは東尾根だろうか。
11162012_17.jpg

いよいよ下り終えると、地獄谷道と合流する。

13:52 下山
11162012_18.jpg

砂防ダムの多さが非常に気になる谷ではあったが、途中いくつかの枝道も発見し、
今後開拓してみたい場所である。
ドングリが印象的な谷であった。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/26(月) 16:18:24|
  2. Outdoor
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

母なる山へ

ずっと見続けてきた山脈。
小学校の校舎4階の教室からは、諏訪湖のきらめきの向こうに八ヶ岳が見えた。
冬の景色が大好きだった。
頬を刺す様な澄んだ冷気の向こうには、真っ白い雪化粧の八ヶ岳、そこから少し右へ目をやると
蒼白く浮かぶ富士山が見えたのを今でも思い出す。
最高の眺めだった。

東京を離れ、関西へ移る前になんとしても登っておきたかった。
時を同じくして東京を離れる親友とその頂きを目指した。

八ヶ岳を目指すのは今回が2度目。
前回は、諏訪盆地で育った者なら誰もが経験する中学の登山。
登山の数ヶ月前から、通学時には学校指定のキスリング型ザックに、ありったけの辞書やら鉄アレイなんかを詰め込んで通ったのを思い出す。
目指した赤岳は濃霧に包まれ、僕のクラスは一歩手前で断念したが、希望者のみ登らせるという事で、他の何クラスかは赤岳頂きにたどり着いたのではなかったか。

10月22日 AM7:00 朝日を背負った八ヶ岳。一路、登山口へと車を走らせる。
どんなに僕の心がざわついていても、この姿をみるとピタリと穏やかさを取り戻すから不思議だ。
10222012_1.jpg

グンと標高を上げながら登山口への林道を駆け上る。
昨夜に横着してガスを入れなかった為、給油ランプ点灯にハラハラしながらも、色づき始めた山の木々に気分は一気に高揚する。
10222012_2.jpg

AM7:30 登山口。
今回のルートは、往路:桜平→夏沢鉱泉→オーレン小屋→赤岩の頭の分岐を経て硫黄岳→横岳
復路:硫黄岳から夏沢峠経由で桜平まで、14:30下山予定。
10222012_3.jpg

夏沢鉱泉まで、永遠と続くかと思われる結構な勾配の砂利の林道をひたすら上がる。
その脇には水が流れる。
観察しながら、良さそうなポイントを発見し目を凝らしてみる。
試しに石を投げ入れたが、影は走らず。
硫黄の水に魚は住まないんだっけ?
10222012_4.jpg
湖から始まった僕の釣りは、河から渓流、そして更に上へと、そのフィールドを山奥へ求めるようになっていた。
魚を釣るという行為以外に、山のもっと先を知りたいと思い始めていた。

初っぱなからバテた、変化に乏しく、長い砂利坂を抜け、夏沢鉱泉で登山計画書を記入。
10222012_5.jpg
当初の登山予定日が雨マークだったため、一日前倒ししたが、素晴らしい秋晴れで大正解。
山の神に感謝、感謝。
10222012_6.jpg

夏沢鉱泉をスタートする。
脇を通る長いパイプは夏沢鉱泉で起こす水力発電の為に、上流からも水を引いているのだと思われるが、実際はどうなのだろうか。
視界の開けない木々の間を歩き、次の通過点であるオーレン小屋を目指す。
10222012_7.jpg

オーレン小屋に到着。
ここで小休止。
ザックを下ろし、シリアルバーをかじりながら汗で濡れた背中を乾かす。
往路は夏沢峠を通らず、峰の松目方面へ。
10222012_8.jpg

ここを過ぎてすぐの、だけかんばキャンプ場にはモンベルの山岳テントが一張り。
朝日を浴びた眩しいオレンジにうっすらと霜が降りていた。
10222012_9.jpg

道幅は狭まる。
少し息を上げながらシングルトラックを登っていく。
10222012_10.jpg

赤岩の頭分岐点。
朽ちた木々には苔が蒸し、まだ森の匂いが感じられる。
10222012_11.jpg

たすきに掛けたボーイスカウトで使用していた水筒の水を飲んで天を仰ぐ。
10222012_12.jpg

徐々に視界が開け始める。
これが見えるのと見えないのでは大違い。
一気に活力が増す。
10222012_13.jpg

この斜面で一気に高度を上げる。
シヒィーと僕の肺がフルに稼働する。
息が上がる。
腿の筋肉は収縮を繰り返し、次第に悲鳴を上げだす。
10222012_14.jpg

ここで小休止。
振り返って腰を下ろし、無風の全く音の無い世界に、ドクンドクンと全身が心臓になった様な僕の音が、内で静かにこだまする。
10222012_15.jpg

尾根に出た。
視界は一気に開けた。
眼前には、目指す横岳と右には主峰の赤岳。
10222012_16.jpg

ここから左手に次の通過点の硫黄岳。
一つ目の頂きを目指す。
10222012_17.jpg

硫黄岳頂上へ向かう途中のガレ場から。
険しさを増す山々が美しい。
10222012_18.jpg

だだっ広い、硫黄岳頂上。
10222012_19.jpg

爆裂した硫黄岩が確認出来る。
10222012_29.jpg

硫黄岳からトラバースし横岳へと向かう。
向こうに見える山のグラデーションが美しい。
歩き難い下りを、浮き石に気をつけながらひたすら下る。
10222012_21.jpg

写真右端の硫黄山荘で昼休憩の後、後ろを振り返る。
こちら側から見ると、硫黄岳は穏やかな表情。
10222012_20.jpg

さて、ここで現れたいくつも立ち並ぶ杭の群れ。
立て札に記されているとおり、この杭はシカの防護柵の支柱なのだ。
僕はこれを見て驚愕した。
日本全国で鹿やイノシシの爆発的な増加により各地で被害が出ている。
尾瀬などの希少な湿地帯の植物や、この辺りでは車山のニッコウキスゲなどがシカの食害に遭っていると聞いていたが、これほどの高地までにシカは現れるのか。
2,700メートルを超える場所まで餌を求めてやってくるのだ。
10222012_22.jpg

ずらりと続く防護柵。
ここまで上げるのに、人力かヘリかは知らないが、いずれにしてもかなりの労力と金が掛かっている。
しかも、柵を作るには限界があり、すべてをカバー出来る訳では無い。
出来る限りの自然風景を維持するためにも柵はよろしく無い。
こんな素晴らしい景色がこんなもので邪魔されていたら、誰だってガッカリでしょ?
10222012_23.jpg
これは本当にオオカミの出番である。
オオカミに関して、僕の以前の記事はココからどうぞ。

設置が平成22年。
シカが目撃され始めたのはもっと以前からという事になる。
10222012_24.jpg

ジリジリと標高を上げ、横岳の頂きが近づくにつれ、斜面は険しさを増してゆく。
10222012_25.jpg

年配の男性が一人、岩に腰を下ろし握り飯を頬張っているのが見えた。
なるほど、この景色を前に飯を食うのは、さぞ格別だろう。
蒼く浮かぶ富士と横岳。
10222012_26.jpg

あの頂辺まで行くのだ。
10222012_31.jpg


横岳頂上まであと少しの、最後の急な岩場より。
写真中央上には、少し見づらいが諏訪湖、その更に右奥は3,000メートル級が連なる北アルプス。
ここから見ても、その険しさが見て取れる。
僕はここから見る、初めての諏訪湖に感動した。
10222012_28.jpg

本日の最終目的地、横岳頂上到達。
親友と共に記念撮影。

最高の眺めを前にしばし時を忘れる。
やり残した事はやはりこれだったのだと確信した瞬間でもあった。
心の中でなにか一つ吹っ切れた。
来て良かった。
10222012_27.jpg

復路は硫黄岳まで戻り、そこから往路とは別の夏沢峠を下った。

14:30、予定通り無事下山。
真っ赤に燃える紅葉が山登りの最後を祝福してくれた。
10222012_32.jpg

素晴らしい最高の一日、大自然と山の神、親友に感謝。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/10(土) 23:34:41|
  2. Outdoor
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

夏の主役

3連休最終日のよく晴れた朝のこと。

国民の休日で海の日らしいが、海とは縁遠い幼少を過ごしてきたので
いまいちピンと来ず、僕にとっては山の日、でいいのだ。

深い緑の間から覗いた青空にモクモクと綿菓子を積み上げた様な入道雲。
目深にかぶった帽子のヒサシの下から見上げた景色。
いつ頃、何処での記憶なのかと思い起こすが、きっと、幼少の夏は
何処でもこの景色を見ていたに違いない。

僕は長野の夏が大好きで、未だにあの頃のワクワクとした気持ちを持ち続けているのだが、
父親としての僕は息子達に夏の主役を譲る時だ。

想像するだけで滅入ってしまう夏の東京へ戻る日の朝、息子達に夏の遊び方を
教えようと高速に乗る前に少し寄り道して、山へ向かった。
昨日まで降っていた雨の影響で増水気味の川を、僕とカミさんがそれぞれ
子供達をおんぶして対岸へ渡る。

07162012_1.jpg

子供達の背丈よりも遥かに高い薮を抜けると、目的の場所にたどり着く。
色んな生命がうごめく森の中。
子供達に枝を一本拾わせて、僕も長めのを持った。
木を一本ずつ眺めていく。

07172012_2.jpg

ほら、いた。
この幹にはメスが2匹。
07162012_3.jpg

隣の幹にはオスが2匹。
一匹下にはスズメバチ。
スズメバチの方は捕まえられないなぁと言ったら、スズメバチがカブトムシを護ってるんだね、と長男。

07162012_4.jpg

幹の高いところ、窪みに足をはみ出して隠れていたクワガタ2匹も発見し、大喜び。
ほんの小一時間。だけどとても濃い時間だった。
爪先がしびれるほどの冷たい水をまた渡った。

東京へ戻ると、自宅の飼育ケースにはすでにカブトムシ。
もう入れたの?と聞いたら、まだ虫かごの中。
留守中に蛹からかえったのだった。
07162012_5.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/07/19(木) 12:15:27|
  2. Outdoor
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。