5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今回こそ、とロッドのしなりを夢見るお気に入りのWarm water

6:30am
訪れたのは僕の好きな場所。
朝一では初となる。
藪漕ぎして僅かなスペースを探し出した。
足で探りながら、浅瀬と深場の境を確認する。
後方は先ほど藪漕ぎしてきた急斜面、前方上方には張り巡らされた木枝。
未だ要領を得ないロールキャストを強いられる。

僕からの視界は下の写真の通り。
岸際の木枝の下に居るのだ。
ボートやフローターから狙う、高ポイントの場所に僕は立っている。
ここで出会う初めての先行者の為、ここを選ばざるを得なかったのだが。

07062013_1.jpg

ほどなくして移動。
ここがいつもの立ち位置だ。
僕はここで魚を掛けたいと、何度か通ってきた。
膝下の水場が広がり、水草と根が張りつめる。
マングローブの密林の一部を切り取った様なポイントである。
ここを手前から順にポッパーで探って行く。
時折、小さく水面が弾け、好奇心旺盛の小さな生命が反王するが
ポッパーの大きな針には乗らない。
先ほど居た先行者が一通りこのポイントを歩き回っていた。
07062013_2.jpg

ここから沖方面に身体を向けることにする。
上の取れない木の下からのキャストとなるが、徐々に水深のある草場を狙う。
07062013_6.jpg

なんとか木の間を通してフライを沈めると僅かな手応え。
水中での釣りの相手は中型のブルーギルであった。
07062013_3.jpg

ウーリーバガーでリトリーブの練習。
ツッと引いてはポーズ。
ゴンっと確かな手応え。
#6のグラスロッドが程よくしなり、ラインが左右に振れる。
遂にバスのお出ましか?
上がってきたのは、サイズアップのグッドファイター。
07062013_4.jpg

07062013_5.jpg

ここからは、ギル祭りの始まり。
時折、ドライでも試してみたのだが、それには反応せず。終始、沈めての釣り。
07062013_7.jpg

水草の切れ目は、水深の境目でもあった。
どうやら、水草から手前、浅瀬よりに魚がたまっているようだ。
近づいてみれば、水草には多くのオタマジャクシがへばりついている。
容易に身を隠せる事が出来、餌も豊富。
どんな魚だって、このような環境を好むに違いない。
07062013_8.jpg

フライで初バスを目指して。
関連記事

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/07/21(日) 14:03:27|
  2. Fly fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今後、次々と訪れるであろうフライの愉しみの数頁目 | ホーム | 緑に染まる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akblog.blog61.fc2.com/tb.php/286-efeeaf05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。