5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緑に染まる

標高700メートルほどに位置する流れ。
下界とは5度違えど、照りつける日射しはここまでの
ハイクで十分にシャツを湿らすほどの気温である。
06302013_1.jpg

前回に訪れたのは4月半ば。
気温0度に加えて冷たい雨が降りしきった。
車に乗り込んでヒーターを全開にしたが、体温を取り戻すのに時間を要したことを思い出す。
あれから2ヶ月、山の緑は濃さを増し流れる水の音も爽やかに映る。
06302013_2.jpg

比較的に落差の緩いこの流れには遡行を妨げる人工物は見当たらない。
美しい景観である。
06302013_3.jpg

緩やかに流れるフライを目で追い、小さく水面が弾けた。
今シーズン初となるアマゴであった。
頭上を覆う緑がつややかな魚体に映えて一層、美しさを増す。
06302013_4.jpg

歩を進めてゆくと反応が無くなった。
脱渓点ではルアーマン一人を確認していたが、距離、時間的にも十分な余裕がありそうだ。
これまでに小振りながらも、フライを見に来ていた魚影がさっぱりである。
岩に座り小休止。
06302013_5.jpg

再び歩き出し、遠くでライズを発見。
その正体と思われる影は婚姻色のカワムツであった。
今シーズンから多くのカワムツを見てきたが、今までのサイズとは
一回りほど大きな魚体に、一見してそれと気づかなかった。
06302013_6.jpg

前回に同じ場所で写真を撮った。
今回は目線が高いのだが、流れの先のV字が好きだ。
水面付近から撮影すると、そのVが更に際立つ。
06302013_7.jpg

様々な生命力の中に身を置くと、それに呼応するように
自らの生命力も高まるのだと感じる。
肉体は傷つき易くて、脆いのかもしれない。
しかし、身体中の細胞が反応し、生きる活力がみなぎる。

そんな環境と時間を大事にしなければならない。
06302013_8.jpg
関連記事

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/30(日) 08:55:10|
  2. Fly fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<今回こそ、とロッドのしなりを夢見るお気に入りのWarm water | ホーム | Warm Water>>

コメント

最後の写真の場所には見覚えがあるような・・・
でもあそこでカワムツを釣ったことがないんですよね。
  1. 2013/06/30(日) 22:30:15 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akblog.blog61.fc2.com/tb.php/283-7e221f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。