5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の谷

三寒四温。
少しずつ日ものびて、最近は朝の車の窓ガラスもお湯のいらない日が続いているが
今年はなにやら大寒波の年らしく、日本の最高積雪では5メートルにまで達しているらしい。
我が家のある街でも、積もるにまでは至らないが一日のうちで何度か雪が舞い、積もるかなと
思えば、日が差してくる。
春が訪れる前に、まだまだ寒さ真っ只中の冬の谷へと足を向けた。

前回にここを訪れたのは紅葉真っ盛りの頃。
素晴らしい色彩の絨毯を踏みながらの谷歩きであったが、今はすっかりその彩度を落とし、
歩を進めるたびに擦れ合う落ち葉も冬の音である。
02212013_1.jpg

乾いたピリッと冷たい谷に時折雪が舞い、最初のポイント近辺には雪が残る。
02212013_2.jpg

地表に到達した水は木や岩を伝い、または、内部に浸透してまた外へと現れる。
そんな自然のサイクルの一部を目に見える形で教えてくれる自然のアート。
02212013_3.jpg

去年の秋の終わり頃、目の前の浅いプールではカワムツたちが競うようにドライフライを
咥えたが今日はどうだろうか。
02212013_4.jpg

冷たい水に沈めた水温計は3℃を示していた。
雪がちらついたかと思えば、時折、日が差し込み、そのほんの僅かな時間のみ冷えきった身体が緩む。
ひとまずドライフライで様子を探る。
少しでも動く物がないだろうかと水中に目を凝らすが、まるで生命感が感じられない。
もうここには居ないのだろうか。
図書館で借りてきたタイイング本とにらめっこしながら、初めて巻いたゴールドリブドヘアズイヤを結んだ。
マーカーが最初に着水したのち、先端のニンフが少し遅れて小さな波紋を作る。
02212013_6.jpg

水面に寝ていたマーカーが小さく揺れて立ち上がった。
即座に左手でラインを引く。
カワムツにはオーバースペックのロッドが申し訳程度に穂先を曲げた。
「よっしゃ、よっしゃ、そう言う事か」と思わず声にでた。
02212013_5.jpg

一人で谷へ入り、周りを観察したり、崖を上り下りしたりして感じる事や思う事は全て頭の中で
起こり、完結している。単独であるがため、情報を捕らえるセンサーは普段よりも敏感であり、
多くの事を思考する。その自分の中でのやり取りの作業のほとんどは声にしないものである。
一人だから当然と言えば当然なのだが、初めて自分の巻いたニンフに魚が出たときのような、
そんな感動の瞬間は自分の内から外へ思わず出るものだ。
発した自分と、自分の声に驚いたり、奇妙に感じたり。周りを見渡しても誰もいない。
一人、冬の静かな谷でぼそりと、または奇声を上げている自分を、まるで他人のように
冷静に傍観している自分を発見したりもして、なんとも不思議な気持ちになる。
うまく言い表せないのだが、その不思議感覚が妙に好きだったりするのだ。
02212013_7.jpg

そう言う事ならと、来た道を引き返して大きなプールにニンフを沈める。
02212013_8.jpg

02212013_9.jpg

02212013_10.jpg

次回は、このルート上にある最大の壷を探る。
02212013_11.jpg
関連記事

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/02/27(水) 13:10:19|
  2. Fly fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<小さな冒険、大きな経験 | ホーム | Art / School of Salmon>>

コメント

魚留めの滝の上はアマゴが・・・
だったらいいですね。

山の中での不思議な感覚、ありますね。
視線を感じると思ったらカモシカがいたり。
街の中では必要のない感覚が研ぎ澄まされるのかな。

関西の各河川の渓流釣りもそろそろ解禁ですね。
京都でしたらいくつか良い川お教えできますが、中国道の宝塚の渋滞のことを考えると西か北へ向かうのが無難なのかなぁ・・・
  1. 2013/02/28(木) 17:06:25 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集]

いわなたろうさん

どこが良いのか悩んでます。
100km以上走りたくないなぁ。
京都なら圏内かなぁ。
いかんせん、土地勘が無いので、、、
  1. 2013/03/04(月) 19:20:14 |
  2. URL |
  3. SKY #LkZag.iM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akblog.blog61.fc2.com/tb.php/263-eecda231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。