5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地獄谷→ダイヤモンドポイント→シャクナゲ谷/神戸の谷の記録

神戸の谷に第一歩を踏み入れた前回のコースは、石楠花谷→ダイヤモンドポイント→地獄谷西尾根。
今回は地獄谷→ダイヤモンドポイント→石楠花谷。往路も復路も谷を通り、今度は石楠花谷を下ってみる。
11212012_1.jpg

秋色に染まった絨毯の上を軽快に進む。
11212012_2.jpg

しばらくは、沢を眼下に眺める。
11212012_3.jpg

次第にコースは沢へと近づき、いくつもの徒渉をしてゆく。
11212012_4.jpg

釣り人としては、かなり楽しめるルートコースである。
11212012_5.jpg

右の落ち込みをチェックしてから、次にフライを打つポイントは。
なんて、いつの間にか故郷の渓流が重なってくる。
11212012_6.jpg

見通しの良い蛇行して落ちてくる水の向こうには、異様な黒い塊が。
ここからの距離でもその威圧感を感じ取れる程で、少し恐ろしさも感じてしまう存在が現れる。
11212012_7.jpg

ここの流れで最も大きい堰堤と思われる。
無機質で黒く光った冷たい壁から、絶え間なくザァーと流れ落ちる直ぐ下には、なかなかの淵が出来ている。
なるべく影を落とさないよう、少し小高い場所からしばらく様子を見る。
魚影らしきものは確認できなかったが、ここは気になるポイントである。
11212012_8.jpg

地図を取り出す。
一番大きな堰で目立つので、容易に現在地を特定出来た。
この脇の急階段を堰の端に沿って登って下りればその先へ進めるのだが、
階段を下りて見えたのは、水に消えていく階段の先だった。
11212012_9.jpg

まさか、と思い、水際まで下りて先を見やるも、水没で通れそうな箇所は無い。
楽しめそうな谷だと、意気揚々とここまで来て、まだ谷の3分の1程までだろうか。
重い足取りで階段を引き返す。
11212012_10.jpg

しかし、ここで引き返さずに先へ進む人がいるはずだと、戻り途中で踏み跡を発見。
ここから急登して尾根の一端らしき場所に出る。
11212012_11.jpg

ここは地獄谷東尾根の一部だろうか。
前回に下った西尾根から見えた尾根にいるのかも知れない。
11212012_12.jpg

水没の先へと下りる。
上流からはサラサラと細い流れが注ぎ込む。
一体どれくらいの期間、ここは水没したままなのだろうか。
11212012_13.jpg

上流へ向かって歩を進めると、地獄谷道の道標に少し安堵する。
11212012_14.jpg

ここからまた、徒渉を繰り返してゆく。
石楠花谷よりもこちらの谷は、正規ルートで渓流を楽しめるようだ。
11212012_15.jpg

渡る前に小さくても淵があれば、静かに近寄って様子を見るようにする。
11212012_16.jpg

上がるにつれ、様々な表情を見せてくれる。
滑床もあり。
11212012_17.jpg

ガレた岩の下を水が流れ下ってゆく。
11212012_18.jpg

11212012_19.jpg

滝も大小現れる。
11212012_20.jpg

11212012_21.jpg

これも滝と呼べるのかは分からないが、ジグザグに落ちる水の動きと、
段々とランダムに刻まれた岩肌の雰囲気が美しい。
まばらに散る落ち葉が良い。
11212012_22.jpg

既にコースは流れの脇ではなく、渓流の中を遡行してゆく。
流れの左、濡れて滑りやすくなった岩肌を見極め、慎重に足をかけていく。
11212012_23.jpg

大きな岩を乗り越えてゆくたびに、次はどんな水の流れが現れるのか、
ワクワクしながら想像して谷を堪能する。
11212012_24.jpg

もう既に気分は、右手にロッド持ち、熊鈴をチリンチリンと鳴らしながら
次に打つべきポイントを捜しているようだ。
11212012_25.jpg

上流を見遣る視界に空が入り始める。
谷も後半を過ぎた頃だろうか。
11212012_26.jpg

水中でキラリとした光を確認する。
脂鰭は無し。
11212012_27.jpg

大淵現る。
11212012_28.jpg

11212012_29.jpg

11212012_30.jpg

夢中で岩に足を掛けて遡行しているうちに、僕はすっかりこの谷を気に入る。
11212012_31.jpg

もう少し経てば葉も落ちて、浅瀬には薄氷が張ったりして、冬の谷の表情を見る事が出来るのだろう。
11212012_32.jpg

降雪があるか分からないが、年間をとおして通ってみたい谷である。
11212012_33.jpg

流れは緩やかになり笹の群生が見え始めると、いよいよ谷も終わり。
11212012_34.jpg

ダイヤモンドポイントで折り返し、石楠花谷へ下りる事にする。
11212012_35.jpg

復路、石楠花谷の小滝上の岩に腰を下ろす。
靴を脱いでアグラをかいて目を閉じてみる。
無とはほど遠い。
11212012_36.jpg
関連記事

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/04(火) 10:59:28|
  2. Outdoor
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紅葉谷→六甲山最高峰→魚屋道 | ホーム | 神戸の谷/石楠花谷→地獄谷西尾根>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akblog.blog61.fc2.com/tb.php/252-5351cd6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。