5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今期渓流最終釣行/地元渓流にて

連休最終日、釣りのスケジュールを何とかすべり込ませた。
東京へ戻る日の早朝3時間勝負。
渓流に立つのは今シーズン最後となりそうだ。

連休初日に、家族でピクニックをしに国営アルプス公園へいったのだが、
これは母親の提案で、カミさんの親父さん方の墓参りを兼ねてのことだった。
公園がどこにあるのか地図で調べると、直ぐ近くに川があることがわかり
念のためタックルを車に忍ばせていた。
この連休、予定はぎっちり詰まっており、そんな淡い期待も潰えた。
公園を出ての帰り際、渓相だけでもと、隣に座る父親の話も上の空で
前方とナビを交互に見ながら無言でハンドルを切り、脇道へ。
ちょっと待っててと家族を車内に置き去りにして、橋上から川を眺めた。

クリアな水色と岩のアイボリー色が印象的だった。
いつかは此処に立ってみたい。
0919_2011_0.jpg

さて最終日、目的の渓流へと下りた。
ここは以前に当ブログでお世話になっているいわなたろうさんにアドバイス頂いたポイント。
一旦上流へ車を停めてから歩いて下り入渓する。
後で判明したのだが、教えて頂いた入渓地点よりも上流側に入った様だ。

岸へ上がれる場所は少なく、ほぼ終始遡行することになる。
小渓流での釣りは僕にとって難しい。
今回の渓流のなかでもこの区間は比較的広いほうだが、水の中に立って
川底の地形や、流れを確認するのは岸からよりもはるかに掴みづらい。

0919_2011_1.jpg


僕の初めての渓流は桂川のある区間。
そこは岸も比較的広く、流れの状況がよく分かり
ほとんどをややアップ~ダウンクロスに投げていた。
スピナーを多用し、Uターン後のダートの動きで釣れていた。
釣れるのは小さなヤマメがほとんどだが、ギラッと光るのが確認出来て
その直後にヒットする釣りは楽しかった。ポイントは浅い瀬で、底がよく見えて
こんなに良く見える場所で釣れるのか?と最初はパスしていたが
あるとき試しにスピナーを対岸ギリギリにややアップで放り
大きなU字を描きながら引いてくると、どこからか一瞬のうちに
ヤマメが出て来て食らいついた。
単に僕には魚が見えていないだけで、一見単調な浅いと思える
瀬にもしっかりと変化があり、そこに魚が着いているのだと分かった。

そんな釣り易い場所とは違って、クロスキャスト出来ないほどの
川幅のポイントでは攻めあぐねる。
アップクロスの釣りを余儀なくされ、流れの速さにあわせてラインを巻き
テンションを掛けて、ルアーにアクションを与えられるように試みるが
これがなかなか思うようにいかない。

遡行するにあたり、魚の付き場を見極めながら自分が進むルートを
選ばなければいけないのだが、進んで来て見ると、既に着き場の真下まで
来てしまっていたりと、川を読む力が乏しすぎると再認識した。
また、より的確にルアーをピンスポットに着水させねばならず
今まで狙っていたつもりのルアーキャストは、実は、大体その辺りであったので
あって、本当に狙いたい場所に落とすのは更なる訓練が必要となる。
実際、今回も、ハングオーバー下に投げ入れる自信がなくて
おいしい場所をパスしたこともあった。

今回は、そんななかでもなんとか3尾の小さなアマゴが出てくれた。

0919_2011_2.jpg

0919_2011_4.jpg

今シーズンから始めた渓流での釣りは、新たな発見と多くの課題を残した。
来シーズンもその魅力にどっぷり浸かっていくことは間違いない。
山に感謝。

0919_2011_3.jpg











関連記事

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/21(水) 12:15:22|
  2. Fishing - River
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<父子二人 男野営(駒出池キャンプ場) | ホーム | 早朝の山散歩>>

コメント

しばらく考えてやっとどこか分かりました、そして入った場所も想像が付きましたよ。

もうひとつ下の集落から入ればいつだったかSKYさんが探った?
餌師ががんばっていた?とおしゃられていた神社の上の堰堤のすぐ上から入れます。
あの辺、大きいのいますよ!

フライでしたらオーバーハングの下に入れられますよ、
そしてもし引っかかって無くしても自分で巻いていれば@10円以下とか。。。
  1. 2011/09/22(木) 16:06:54 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

前回のアドバイスのおかげで入れました!
ありがとうございます。

そうなんです、堰堤の直ぐ上から入りたかったんですが
一番下まで歩いて確認すればよかったものを
この辺だろうと一歩手前で下りてしました。
ずく無しです(笑)

何度もコメントに「フライ」の文字頂いておりますが
釣り人生は長いのです。だからまだもうちょっと先にと決めていた
心づもりがだんだん、そろそろ始めてもいいかななんて
揺らぎ始めて来ちゃってますけど、、、(悩)
  1. 2011/09/26(月) 11:54:14 |
  2. URL |
  3. SKY #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akblog.blog61.fc2.com/tb.php/188-2e2dd084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。