5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

非常時に持ち出すものとは?

震災後に非常持ち出し袋を我が家でもということで
普段使用していないバックパックをそれにあてた。
中身は食料だが、家の中にあるもので集めたため
充実した装備ではない。
水2Lに乾パン、米5合、その他シリアルバー。
そこにホワイトガソリンストーブとライト、手袋などなど。
本当はフリーズドライ、レトルト食品がベストだろう。

しかし、これを背負うとなるとなかなかの重量になる。
こんなのを背負って、2人の幼児も連れてって、無理がある。
それ以前に、どこに逃げるのか?

地震、津波を想像しても、外に持ち出す状況はくるのだろうか?

一応自宅近くの緊急避難場所は確認しているが、そこへ行く理由はなんだろう?

僕の家の場合、津波が押し寄せれば外には出られず、地震でマンションが倒壊しない限り
家の中の方が安全そうである。
家から出なければならないのは火事の時か。

そうなると、ライフラインが途絶えて数日~1週間ほど
生活出来ることが重要になると思われるので
家中での備蓄ということになるだろうか。

袋を準備して以来、部屋の隅っこに転がされていたのを
開けながらそんなことを考えた。

非常袋から米を出して炊く事にした。
暑い部屋に置きっぱなしだったので
入れ替えの意味もあり。って、この装備を継続することに疑問があるが。

長男に飯盒へ米と水を入れさせて
ベランダへ出て炊飯する。
気温の下がった夕暮れに、マンションのベランダで飯盒炊飯。
一応、ストーブの点火方法を長男に説明して
火力を調整し、二人椅子に座ってひたすら待つ。

ricecooker.jpg

予想外に旨いご飯が炊きあがった。

災害でこれを使う日が来ないことを願うばかりである。

関連記事

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/29(月) 18:16:54|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何気ない金曜日の夜 | ホーム | 始動確認/DT200WR整備>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akblog.blog61.fc2.com/tb.php/184-4f5c3071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。