5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャブ組み付け、装着、、、始動確認ならず/DT200WR整備

なかなか時間が取れず、久々のバイク整備。

前回キャブを車体から外して家に持ち込み分解。
思ったほど汚れていなかった為、通せる穴にはクリーナーを吹いて閉じた。
フロート室のガスケットを取り寄せたので、古いものと交換してキャブ組み付け完了。
フロートチャンバーシール

今回の作業は、キャブの取り付けとプラグ交換で始動確認と純正リアフェンダーの装着。

キャブにスロットルを組み付けし、こちら側のガスケットもあるんだったと
注文するのを忘れていた。
仕方ないのでそのまま組み付け、クリーナー側からキャブをはめ込み、グリグリねじりながら
なんとか装着完了。
つぎに各ホース類の取り付けにかかろうと、前回車体からキャブを外す際に
どれがどこに繋がっているかしっかりと写真を撮ったのだが、そのデータが
ごっそりと抜けている。何度カメラの再生ボタンで確認しても無い、、、

仕方ないので取り敢えず分かっている、フュエルホースとオイルホースを繋ぐ。
さて問題なのは、シリンダーヘッドから伸びる2本のホースをどこへ繋げば良いのか?
engine_top.jpg
cab_right.jpg
ホース#1、#2がそれぞれキャブ側#A、#Bのどちらかにつながると思うのだが。
たしかホース#1、#2ともに外した際に緑のクーラント液が流れ出たと思うので
冷却関係だとは思うのだが、適当につないではまずいと思い、判明するまで保留。

次は気になっていたプラグのチェック。
外して見ると、電極周りに黒いカーボン?がたまり
前回いつ変えたかも分からない程だったので、新品のプラグに交換。
番数はサービスマニュアルにあったBR8ESに。
外したプラグも8ES。
9ESの表記もあったのだが、これはDT200WRの型式による違いだろうか?
ちなみにこのバイクは初期型である。

実家の倉庫から引っ張り出して来たリアフェンダー?を装着。
ナンバープレートはとうの昔に林道の坂道でバック転をして以来
ベキベキにヒビが入ったり折れ曲がったりしていたのを
強引に手で戻し装着。
最初はこのスタイルが野暮ったくて直ぐに、ルカースタイプのテールランプに
変えてリア周りをスッキリさせたのだけど、久々に装着してみると
それほど悪くないことに気付いた。
dt_rear_0807.jpg

相変わらず左ウィンカー無しなので、探さなくてはならない。

dt200wr_skelton.jpg

キャブの清掃でエンジンがかかるかどうか知りたかっただけに
またしてもお預け。
なかなか進まないバイク整備。
復活の日はまだまだ遠い。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/08/08(月) 17:37:00|
  2. Dirt bike
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<盛夏のダム湖 | ホーム | 白泡と苔と青空の半日/地元渓流にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akblog.blog61.fc2.com/tb.php/180-713ab3ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。