5ive3hree

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結んで むすんで

竿を購入すると大抵の場合、袋が付属していると思うが、
僕の所有する数本の竿にもそれぞれある。

それらは全て布で、綿素材やナイロン素材だったりするが
収納方法で大別するとフラップをベルクロで留める仕様と
紐で縛る仕様の2通りである。

一番最初に購入した竿の袋は、綿素材で紐で縛るタイプだった。
次に購入したものは綿素材よりも少し厚くごわごわしたナイロンだけれど
これも同様に紐で縛る。

それ以降に購入したものはナイロンのフラップをベルクロで留めるもの。

紐仕様が僕にとっての始まりだったこともあって、ベルクロ留めは目新しく、
最初のうちは、新しい仕様であること、の若干のワクワク感もあった。

それぞれの竿を使い分けていくうちに、ベルクロ仕様に物足りなさを感じる様になった。
これが何故なのか最初は分からなかった。
ただフラップをベルクロでピタッと留めるだけの、作業の容易さから、だけでは無い様な気がした。

釣行前夜、寝る前に竿を一通り確認して袋に仕舞う。明日の釣行にワクワクしながら、残された
僅かな就寝時間に焦りを感じながら。

釣行後に竿を一通り確認して袋に仕舞う。今日の、竿を通して伝わってきた感触を思い出しながら、
何の魚信も得られなかった虚脱感に、次への闘志を秘めながら。

何れの時も、竿に縫付けてある紐をゆっくりとグルリ一周させ、竿先を締め付けすぎないよう、
注意しながら、若干の余裕を持たせて蝶結びでキュッとやる。

結んで始まり、結んで終わる。
結ぶという行為は、もしかしたら人によっては面倒くさいことかもしれないけれど、
仕舞うという単なる作業だけではない、大切な何かを僕に与えてくれる。

rods.jpg




関連記事

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/11/17(水) 23:40:51|
  2. Fishing stuff
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Mitchell 408 | ホーム | 管理釣場 練習釣行/開成フォレスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akblog.blog61.fc2.com/tb.php/143-6a9914ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SKY

Author:SKY
やっぱり山がいい。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。